それでもわたしはおうちにいたい

おうちが大好きな私がなるべく楽しく暮らすためのブログ

今更だけどMacOS SierraでIllustratorCS6を起動してみる

プライムで盛大にセールやってるしIllustratorCCを買おうかなと迷ったんですけど・・・イラレそんなに頻繁に使わないし、とりあえずCS6がまだ使えるならこっち使うか・・・と、思いまして、久しぶりに立ち上げてみたら拒否られました。


f:id:alysantwanet:20170711192645p:plain


あー、そういえばなんか立ち上がらんって話聞いたことあるわ・・・\(^0^)/
さてどうするか?

私はMacOS Sierraを使っているのですが、どうやら今はもうApple自体が「Java6」のサポートを打ち切ってしまったらしいです。なるほど、MacイラレCS6を立ち上げる気がないらしい。

調べてみると、アプリ自体の動作にはJavaは使っていないことが判明。そのくせに起動の時だけ「自分、Java6入れてるん?」ってチェックしてくるらしい。

なので、Javaのフォルダに空のディレクトリを作って、Javaを入れてるフリをすれば動くようになるらしい!

と、いうことで色々調べてイラレCS6を使えるようにしました。

やりかた

リカバリーモードでMacを起動

起動する時にcommand+Rを押しながら立ち上げます。(私、初めてやりました!)

ターミナルにコマンドを書く

リカバリーモードで立ち上げると「MacOS ユーティリティ」っていうウィンドウがドンっと出てきますが、そこは無視して、画面上部のメニューから「ユーティリティ」→「ターミナル」を選択。

ターミナルに下記を記述。($は書かなくていいです)

$ csrutil disable

書いたらenter押してくださいね。
「Successfully disabled System Integrity Protection. Please restart the machine for the changes to take effect.」と出てくればOK。

再起動する

今度は普通に再起動!

ターミナルを使ってJavaフォルダ内に空のフォルダを追加

ターミナルを立ち上げて下記コードを追加

$ sudo mkdir -p /System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk
$ sudo mkdir -p /System/Library/Java/Support/Deploy.bundle

一行ずつenter押してくださいね。
パスワードが聞かれると思いますので、PCの管理者パスワードを入れてください。

リカバリーモードで再起動

最初にやったのと同じようにcomand+RでPCを起動します。

ターミナルにコマンド!

さっきと同じようにターミナルを起動して下記を記入。

$ csrutil enable

再起動

普通に再起動してください。

私はこの方法で無事にCS6を起動することができましたよ!
是非参考にしてみてください!

まぁ、でも、お金に余裕があるのなら絶対にCCをおすすめしますが!(笑)

広告を非表示にする