それでもわたしはおうちにいたい

おうちが大好きな私がなるべく楽しく暮らすためのブログ

どこまでやれば良いのかわからなくて辛くなった時に読み返すための記事

f:id:alysantwanet:20170623011811j:plain

これは出来の悪い自分を慰めるための記事なので、誰かの役に立てる物では無いのかもしれません。

 気まぐれで始めたと言っても良いブログですが、これを機に今まで読んだことが無いくらいに人のブログを読みました。

衝撃でした。色んな人がこんなに色んなこと書いてたんだ…って単純に圧倒されました。

今までは、たまにバズってるものをツイッターで読むくらいはしてたんですが、能動的に人様の書いた記事を読むということはしてなかったので、新鮮でした。

情報を求めて検索経由で誰かの書いた記事にたどり着くのと、どんな人がどんな事を書いてるんだろうと思いながら記事を読むのとでは感じ方が違いますね。ゆるゆると書いてる人もいれば、超本気でやってる人もいて、その差も面白いです。

「ブログ初心者がやるべきこと」というテーマで書かれてる記事がいくつもあったので読んでみたんですが、これは「沼」だな…と思いました。

やれることは幾らでもあるんだなぁと。で、過去の自分がハマった「沼」について考えたりしてました。

私は一応webデザイナーの端くれだった現ニートなんですが、デザインやコーディングの勉強をしてる時に、よくその「沼」を感じることがありました。

「沼」と言っても「底なし沼」です。やってもやってもやるべきことがあるし終わりがない。勿論これは別にブログやデザイン、コーディングに限る話では無く、なにを始めてもそこにあるのは「沼」で、極めようとすればものすごく深いことが多いです。

創意工夫を重ねれば今の自分より少しはマシになれるはず…と思って色々やるんですが、やってもやってもやる事があると言うのは時に酷で、もっと何かしなければ…と思えば思うほどにそれに疲れてしまうこともあります。

まぁ「沼」のせいだけとは言いませんが、自分を追い込んで、それに疲れてしまって動けなくなったのが私なんですが。

ストイックに自分を追い込んで、努力を続けられる人、極められる人はかっこいいし、色んな人から褒められます。でも、別に極めなくても良いんですよね。足るを知るという言葉がありますが、自分にとってどのラインが足るのかを探りながら今を少し変えてみるというスタイルでも良いんですよね。

色んな人の色んなスタイルがあるから、あまり深いところばかり見ないで、目の前にある、「今の自分に出来ること」に目を向けて一歩ずつ進んで、たまに休むことも大事じゃないかなと思います。