それでもわたしはおうちにいたい

おうちが大好きな私がなるべく楽しく暮らすためのブログ

ブログ初心者がブログ記事のタイトルを変えるだけでアクセスは増えるのか?

f:id:alysantwanet:20170815235344j:plain

検索エンジンに見つけてもらいやすくするためにも、ブログ記事のタイトルはとても大事ですよ!・・・っていう話はよく聞きますよね。

SEOにあまり長けていない私でも、それくらいは知っているんですが、なかなか上手なタイトルをつけられないまま今まで記事を書き続けてきました。

ですが、ブログを初めて約2ヶ月、読者数もやっと100人を超え、記事数も35個まで増えました。(35個ってなんのキリもよくないけど)読んでくださる人が増えたのはとても嬉しいです!ありがとうございます!

そこで、記事も増えたことですし、そろそろSEOのことも少しは考えた方が良いのかなー?と思って試しにブログ記事のタイトルを一つ修正をかけてみることにしました。 

文字数どうするよ?

表示される文字数がどうなってるのか調べてみたところ、2017年8月現在の文字数は下記の通りでした。

google35文字以内
はてなブックマーク37文字以内

とりあえず35文字以内くらいで考えたら良いみたいですねー。

色々調べてみると、投稿後すぐははてなブックマークの新着エントリーに載ることを意識したタイトルをつけて、しばらくしたらgoogleを意識したタイトルに変えている人もいるみたいです。

はてなブログをやっている人ならやっぱりスターは欲しいし、ブクマも多いと嬉しいですよね。でもgoogleの検索からしかアクセスが無い場合は、スターもブクマもつかないことが多い。だから投稿後すぐは、スターとブクマを稼ぐためにターゲットをはてなユーザーにし、落ち着いてきたら安定的なアクセスを狙ってターゲットをgoogleに変えるというのです。

なにそれスゲー!どうやんの?って感じですがw

具体的には、はてなブックマークをターゲットにする時は「え?なになに?それでどうなったの!?」って興味を刺激するようなタイトルをつけて、googleをターゲットにする時は、より検索に引っかかりやすいように、記事の目的と結果がわかるようなタイトルにすると良いみたいです。

・・・あ、偉そうに書いてますが、私は弱小ブロガーなので調べたことを勉強のためにまとめているだけですよ・・・

ブログの記事のタイトルをどう変えたのか

7月26日に「怖い絵」展に行った感想の記事を書きました。その時の記事のタイトルがなんとなくへっぽこな気がしたので変更してみることにしました。

変更前
『知識がなくても楽しめる!怖くないけど実は怖い「怖い絵」展の魅力』

変更後
『「怖い絵」展に行った感想!で、怖いの?怖くないの??【兵庫県立美術館】』

こんな感じで、兵庫県立美術館でやっている「怖い絵」展の感想を書いた記事だと言うことがよりわかりやすいタイトルにしました。

結果はどうだったか

格好つけたところで全然格好つかないので、正直に数字まで報告しますと、タイトル変更前は1日1、2PVだったのに対し、タイトル変更後は1日78PVまでアクセスが増えました。

数字自体は小さいのですが、1から78の変化だと考えると78倍なので、とても大きな変化じゃないでしょうか?

変更前は検索圏外でしたが、現在は「怖い絵展 感想」で検索すれば7番目に出てきています。

なんだか、死んでた記事が生き返ったみたいで私は嬉しいです! 

結局大事なのはタイトルのインパクト?

インパクトもきっと大事ですよね!それは間違いないと思います!

でも、私のようなブログ初心者にとって大事なのは多分そこじゃない!

大きな釣り針になりそうな、インパクトのあるタイトルをつけてはみたけど、中身がボロボロ・・・みたいなことは避けたい!(読者にとっては「ジャケ買い失敗」状態)

私はまだまだ未熟者なので、まずはきちんと文章を書くことを意識したいなーと思っています。もちろんタイトルのことも気にはするけど、一番はそこじゃないという話です。

丁寧に文章を書くことと、なるべく長く続けること。まずはこの2点に重点を置いて、タイトルは気づいた時に直すスタイルで良いかと思っています。

タイトルは大事だけど、もっと大事なのは中身だー!!!(当たり前ですねw)

最後に

超絶弱小ブロガーが何を偉そうに!っていう感じですが、超絶弱小ブロガーも超下層でちびちびと工夫とか改善とかしていってます!

自分で書いた記事を、知らないたくさんの誰かに届けるのは、簡単なことではないのですが、小さな工夫を積み上げると多少は状況が変わって行くようです。ゆっくりでもちょっとずつ成長したいですね。

この記事が誰かのお役に立てますように!そして、あなたの書いた素敵な記事が、それを必要としている人にきちんと届きますように!