それでもわたしはおうちにいたい

おうちが大好きな私がなるべく楽しく暮らすためのブログ

【私なりの塗り方講座】にーちさんの人狼ジャッジメントのイラストを塗ってみた!

みなさんこんにちは!もうすぐハロウィンですね!

にーちさん( @nych87)がtwitterにて人狼ジャッジメントのハロウィン塗り絵を配布してくださっていたので、ちゃっかり参加してみました。

キャラクター30人盛りの大作なので、迂闊に手を出すとやばいやつやな・・・とは思ったのですが、にーちさんのイラストが大好きなので、参加してみることに・・・!
案の定着色作業は沼と化しましたが(永遠に塗れるのでやめ時の判断が困難)大変楽しかったです。

せっかく塗り絵企画に参加させていただいたので、今回の記事では私なりの塗り方なんかをご紹介しようと思います!
お絵かき大好きな誰かのお役に立てると嬉しいです。

 

人狼ジャッジメントについて

人狼 ジャッジメント

人狼 ジャッジメント

  • Sorairo,inc.
  • ゲーム
  • 無料

 

一応この素敵なイラストの元ネタについても触れておこう!知ったらもっと楽しいはずだ!

「人狼ジャッジメント」は最近巷で流行りの人狼のアプリゲームです。
吹雪の夜に迷い込んだ洋館で殺人事件が起こる・・・っていうワクワクする設定!

私は嘘つくのも考察を出すのも苦手なので、基本観戦する側なのですが、オンラインで色んな人たちのやりとりを見ながら誰が狼なのか考えるのもとても楽しいですよ。

私はにーちさんのイラスト見てからゲームを始めたのですが、魅力的なキャラクターがたくさんいて世界観がとても良いなと思いました!

にーちさんの素敵な漫画はこちら↓

www.pixiv.net

この作品を見て世界観にハマった人はきっと私だけじゃないはず!!

塗り絵の進め方

それではさっそく色塗りの説明をしていきます。

www.clipstudio.net

使用ソフトはクリップスタジオです。
私もそれほど詳しくないので、調べながら塗ってます!
高度なテクニックとかは使ってない(というか使えない)ので、初心者向けの塗り方講座だと思います。
「もっとこうしたら良いよ!」とかあれば教えてくださいね!

まず最初に線画を整える

jpgで線画をいただいた時に便利な方法です。

今回twitterから線画を拝借させていただいたわけですが、このままの状態だと解像度的に少し荒れているのと、透過させた方が後々便利なのでその辺りを調整していきます!

手描きのイラストを取り込んだ時などにも行う方法ですね。

f:id:alysantwanet:20181029172444p:plain

ジェシカかわいい。

このままの状態だと若干グレーのつぶつぶが混じってしまっているのがわかりますか?
そのため綺麗な線画にするためにコントラストをあげて調整します。

トーンカーブで調整する

f:id:alysantwanet:20181029172608p:plain

線画レイヤーを選択した状態で「編集」→「色調補正」→「トーンカーブ」を選びます。

f:id:alysantwanet:20181029173236p:plain

ジェシカかわいい。(2回目)

トーンカーブをこんな感じの形(傾いたS字みたい)にいじってみると白と黒がパキッとした綺麗な線画になりますので、丁度良いところで「OK」を押します。

輝度を透明度に変換する

f:id:alysantwanet:20181029173925p:plain

更に「編集」→「輝度を透明度に変換」をクリックします。

f:id:alysantwanet:20181029180549p:plain

するとこのように白かった部分が透明に変わりました!これでより塗りやすくなりますね!


白い部分を透過せずに線画を最上位レイヤーに持ってきて乗算という手もありますが、後から色々と効果を重ねるならこの方法の方が無難な気がしますのでおすすめです!

着色する

着色する際は「どのような雰囲気にしたいか」を考えながら塗っていくと良いと思います。

私は着色する時にこんなことを考えていました。

  • ハロウィンだからオレンジと紫は使いたい。
  • キラキラとゴージャスな大人ハロウィン感を出したい。
  • 全員が嘘をついていそうな怪しい雰囲気を出したい。
  • 人狼ジャッジメントの舞台が吹雪の夜なので、ハロウィンだけど雪のような演出を入れたい。

大体こんな感じでしょうか。
煌びやかで怪しい雰囲気を出していきたいですね!

ベースを着色する

まずは線画レイヤーの下に塗りレイヤーを作り、各キャラクターのベースをざっくり着色していきます。

f:id:alysantwanet:20181029184036p:plain

丁寧に作業する方はこの時点でキャラクターごとにレイヤーを分けたりすると思いますが・・・私はレイヤー一枚で進めてます。(めんどくさがり)

しかも塗り残しとかもこの時点でちょこちょこあったりw まあ、上からレイヤー重ねていくとなんとかなるのであまり気にしない方向で!

影その1をつける

影レイヤーを作り、キャラクターの凹凸がわかるような影をつけていきます。

レイヤースタイルは「焼き込み(リニア)」にしています。
f:id:alysantwanet:20181029194225p:plain

f:id:alysantwanet:20181029184913p:plain

紫をベース色を使ってキャラたちに影を落としています。
この時人物の目元に影を落とすようにすると、何か企んでいそうな表情に見えます。

「紫+目元に影」で不健康な怪しい雰囲気に!

ちなみに影の色が肌馴染みの良いオレンジベースになると怪しさは半減します。

f:id:alysantwanet:20181029190023p:plain

オレンジベースだとこんな感じね。自然な感じです。

光その1をつける

続いて光レイヤーを作ります。

レイヤースタイルは「覆い焼き(発光)」です。

f:id:alysantwanet:20181029194929p:plain

f:id:alysantwanet:20181029193042p:plain

光の当たっている部分を黄色のブラシで塗っていきます。髪の毛や瞳、鼻のてっぺんなど。

ベースからの変化を並べるとこんな感じになります。

f:id:alysantwanet:20181029193256j:plain

ベース塗り+影レイヤー+光レイヤーの3つのレイヤーでもうだいぶ完成っぽい雰囲気になります。

内容にもよりますが、シンプルめなイラストなら塗りレイヤー3つくらいあれば十分かなって個人的に思ったり思わなかったり!

背景の着色

人物がある程度塗れたら背景を作っていきます。

背景のレイヤー構成は3枚で作っています。

f:id:alysantwanet:20181029200719p:plain

f:id:alysantwanet:20181029225653j:plain
ベースにエアブラシで紫とオレンジのカラーを塗り、その上にクリスタの素材を二枚重ねています。今回使った素材は「黒もや」「あおりの木々ーグレー」です。クリスタ内で素材検索すると出てきます。

f:id:alysantwanet:20181029200644p:plain

 キャラクターを載せるとこんな感じになります。ハロウィンの夜感出てきますねー。

人物のメイクや質感を追加

ベースカラーの上のレイヤーに、キャラクターのメイクや服の質感などを追加します。

f:id:alysantwanet:20181029232219j:plain

レイヤー構成はこんな感じ。

f:id:alysantwanet:20181029232427p:plain

通常レイヤーで、好きなようにメイクしているだけです!
ロディの口元の血を塗りながら、「こんなにイケメン吸血鬼になら噛まれても良いわ!!」とか思っていましたw

線画にも着色する

線画レイヤーを対象にクリッピングマスクで着色していきます。

f:id:alysantwanet:20181029235138p:plain

全体を並べてみるとこんな感じです。

f:id:alysantwanet:20181029235001j:plain

わかりやすいところで言えば「Trick or Treat!」の文字の後の黒ベタが赤くなったり、画面右側の青い花の部分に色が増えていたり、月のに浮かぶ人物のシルエットの線の色が薄くなっていたりします。

f:id:alysantwanet:20181030000949j:plain

線や黒ベタの部分に色が乗ることによって全体的に馴染んでいきます。

ライティングを増やす

ライティングについて特別勉強したわけじゃないので、あんまり偉そうなことは語れませんが、私なりの塗り方について書きますね。

ここまではキャラクター一人一人のことを考えた塗りをしてきましたが、次は全体を考えた塗りをしていきます。

たくさんキャラクターがいる場合、全部を同じように塗ると視線が散ってしまいがちになります。そのため、陰影を使って少しメリハリをつけたいと思います。(しかも私は結構ごてごて塗ってしまった・・・)

f:id:alysantwanet:20181030010954j:plain

今の私の塗り方だと真ん中から四方に視線が流れていきそうなので、一部の人たちに少し下がってもらいましょう。

f:id:alysantwanet:20181030011451j:plain

三角マークをつけた人たち周辺を少し控えめにしようと思います。一部の人たちに少し下がってもらうことで真ん中の主人公ロディが目立つようになります。

f:id:alysantwanet:20181030011617j:plain

視線誘導としてはこんなイメージです。
これをイメージしながら影レイヤーその2を追加していきます。

f:id:alysantwanet:20181030012320j:plain

左がビフォアー、右がアフターです。

どうでしょう、左よりも右側の方が主役に目がいきやすくなった気がしませんか?

特に画面左側の男性二人(シルクハットのクリスと、フランケンシュタインのマイク)に影を落としたことで中央のロディが前に出てきた感じがします!

光を足していく

このままでは画面が少し暗いので、光を足していきます。
キャラクターの目も死んでいる状態なので、目のハイライトも入れていきます。

f:id:alysantwanet:20181030014120j:plain

目に魂が宿った!
ここまできたらあとちょっと!!

仕上げ

あとはキャラクターの髪の毛の線と、文字の横に血痕を追加します。

f:id:alysantwanet:20181030015414j:plain

髪の毛の線は、とても細かい部分ではありますが、あるのとないのでは繊細さが大きく変わってくると思います。入れるときは線画より前にいれると良いですよ!

f:id:alysantwanet:20181030015756j:plain

血痕はクリスタに入っている素材を利用しました。便利です。

そして最後に画面全体をブラシを使ってキラっとさせると完成!!!

f:id:alysantwanet:20181030020012j:plain

にーちさん、私、塗りきったよ!なんだか達成感すごい!とても楽しかった!
どうでしょう、ゴージャスで怪しげなハロウィンにできたかな??

最後に

私なりの塗り方講座、いかがでしたでしょうか?
なるべく説明しようと奮闘していたら4000字くらいになってしまったので、最後まで読んでくれた人は一体どれだけいるのだろうかww

塗り方に正解はないですし、表現の仕方は様々だと思いますが、私の記事が誰かの参考になればとても嬉しいです!

そして、こんなに素敵な塗り絵をさせてくださったにーちさんに感謝!
色ぬり好きだけど、線画描くのが苦手な私にとっては本当にありがたい企画でしたw

にーちさんの塗り絵企画にはたくさんの方が参加されているみたいなので、みなさんがどんな塗り方をしているのかもとても楽しみです!!

企画に参加された方の塗り絵は、にーちさんのブログにて紹介されていますので、そちらも注目してくださいね!

にーちさんのブログはこちら↓
 

nych87.com

にーちさんpixivはこちら↓
「nych87」のプロフィール [pixiv]